こんにちは、ほしのです☆

せっかくかけたパーマ、なるべく長い間楽しみたいですよね?
パーマの持ちを良くする方法はたくさんありますが
一番簡単な方法はやることはいつもと同じだけど使うのもが違うだけ

パーマの持ちはダメージで左右される

パーマは髪がダメージを受けているほどかかりやもちが悪くなります。
ダメージを受けている髪ほど髪内部の栄養が少なくなり形を維持する力が弱くなってしまいます。

なのでパーマを持たせるなら髪のダメージを気にした方がいいということになります。
もっと言うとダメージの原因を少なくしてあげればいいんです!

髪の痛みは単純に物理的だったり薬剤の影響でダメージをします。
それを気を付けるためにトリートメントがあったりするんですが
意外と気にされていないのがシャンプーなんです!

シャンプーは髪を傷める

髪のダメージにはいろんな原因がありますが
まさかシャンプーで傷むって思っても見ないですよね?

単純にシャンプーは髪や頭皮を綺麗にするのもと思われていると思いますが
実はそれだけじゃないんです!

シャンプーの洗浄力によっては必要な油も取りすぎてしまい
髪の内部の栄養が出てしまったり、乾燥もしやすくなってしまうので
その後のダメージにもなってくるんです。

今お使いのシャンプーは洗浄力は強いですか?
って聞いても大体の方は洗浄成分なんて気にしたことないかもしれません。

どれが強くてどれが弱いかなんてよくわからないですよね?

シャンプーを変えると傷み減りパーマ持ちが良くなる

洗浄力の弱いシャンプーに変えてあげると
シャンプーよる髪の負担も少なくなるので髪のダメージを防ぐことができます。
更に髪が傷まない事によってパーマの持ちも良くなります。

洗浄力が弱いとちゃんと洗えてるのと思われがちですが
洗浄力の弱いシャンプーでも髪や頭皮の汚れは十分に落ちるので
洗浄力が低いから洗えてないということはありません。

 

まとめ

いつも使うシャンプーを変えるだけなので
何かしないといけないとい手間はなくいつもと同じで
髪の痛みやパーマ持ちを良くすることが出来ます。

何を遣ったらいいかわからない場合はご相談ください!