最近、大人気のマルチオイル。
雑誌やブログ、TVで頻繁に取り上げられている。

らしいです。

こんにちは。レクリヘアーの西田です。

 

これからの季節、乾燥ケアにピッタリのオイル美容。
上手に使えばシワ対策や毛穴対策、敏感肌対策など
トラブルケアも同時にできる優れモノ。

みたいです。

 

たしか
ミランダカーとかローラとか
ココナッツオイルを全身に使ってたり、飲んだり食べたりしているって
NAVERまとめで見た気がします。

 

っということで
今日はマルチオイルについて紹介します。

 

マルチオイルって何?

マルチオイル

名前の通り、髪や顔だけでなく全身に使用可能なオイル

ヘアケア、フェイスケア、ボディーケアにハンドケア
保湿力の高さはもちろん、肌なじみの良さ、成分の豊かさなどで人気。

一本あれば全身使える万能オイル。

 

マルチオイルの効果&使用方法

マルチオイル

実際、どのような使い方が出来るのか。
どうせ使うなら効果的に使いたい。

おすすめ使用方法をいくつかご紹介します。

 

①手入れの最後にプラスして

最もベーシックな使用方法といえばコレ。
朝晩の手入れの最後に、オイルを顔or肌全体に馴染ませます。
肌表面をオイルで覆うことで、潤いをしっかり閉じ込め保湿力をアップさせます

 

②化粧水前のブースターとして

洗顔後すぐ、オイルを顔全体に伸ばすブースター的使い方はおすすめ。
オイルが肌を柔らかくほぐしてくれるので、後につける化粧水の浸透が高まります

 

③手持ちの化粧品にブレンドして

手持ちの化粧水や乳液、ボディークリームなどにオイルを1~2滴混ぜると
保湿力がアップします

さらに、リキッドファンデーションやクリームファンデーションに一滴加えると
伸びが良くなり夕方まで乾き知らず

 

④頭皮ケア

お風呂に入る前、頭皮にオイルをなじませてからシャンプーすることで
毛穴に詰まった汚れのクレンジングにもつながります。

 

⑤ヘアケア

シャンプー後のヘアトリートメントにもマルチオイルは重宝します。
洗い流さないトリートメントに1~2滴混ぜて、髪になじませ乾かすと
柔らかいしっとりした髪になります。

 

他にも、
耳後ろにつけてマッサージすると加齢臭予防になったり
ハンドクリームに混ぜてしっとり効果アップなど
使用方法によって、様々な効果を得る事が出来ます。

 

オイルの注意点

様々なメリットを上げてきましたが、ここで注意点を少し

  • 品質は様々
    マルチオイルという商品はたくさん市場に出回っていて、価格が安いモノから高いモノまで幅広く販売されています。
    入っている成分、抽出の仕方など様々な要因で効果が変わってきます。
    肌が敏感な人ほど、品質の良いモノをおすすめします。

 

  • 植物性・天然100%=肌に合うとは限らない
    植物性・天然100%とうたっていると安全なイメージがありますが
    肌質によっては、かゆみや炎症などのトラブルが起きる事があります。
    植物アレルギーがある人は注意が必要です。

 

  • 日中に使わない
    馬脂やローズヒップ・グレープシードなどは、必須脂肪酸が多めなので酸化が早い特徴があります。
    日中に使用するのは避け、夜のケアのみ使用する事お勧めします。

 

 

 

まとめ

27・28歳をピークに脂の量が減り始めます。

 


The following two tabs change content below.
西田 重治

西田 重治

レクリヘアー代表の西田です。 10年間の下積み時代を経て2010年マンツーマンサロンRappaをオープン。数々の講習に参加し、各社ディプロマを取得。講師としても活動。 2015年、津田沼に移転し【価値ある時間】をコンセプトにRecRe hairをオープン。お客様の悩みを解決するため、ダメージレスな技術・商材にとことんこだわり、扱いやすいヘアスタイルを提供。得意な技術はカットと縮毛矯正。