こんにちは、ほしのです☆

デジタルパーマをかけて普段のお手入れはどうされていますか?
トリートメントやスタイリング剤を使うときの注意点

デジタルパーマの目的を考える

デジタルパーマをかけるの当たってどういう目的でパーマをかけたのかで
トリートメントやスタイリング剤も変わってきます。

例えば動きを出したいからパーマをかけたのに
まとまるトリートメント(重い、しっとり)などをつかうと
重さでパーマが出にくくなってしまいます。

逆にまとめたいに軽すぎてもだめってことですね。

トリートメントやスタイリング剤はものによって仕上がりの質感は変わってきます。
目的に合わせたものを選ぶことが大切です。

 

水分量の多いものは注意

 

デジタルパーマは乾かした状態で形が決まります。
なので水分量が多かったり、後から濡らしてしまってもかえって崩れてしまう可能性が
特にムースやミストタイプのものは水分量が多いので避けた方がいいかもしれません
※最近のムースは仕上がりがドライなものもあるのでその場合は大丈夫です。

パーマが出にくいと思ったら

 

ご自身が使っているトリートメントやスタイリング剤を確認してみて下さい
シャンプーなども関係してくるので仕上がりのイメージに合ったものが使えているかを
確認してもらえるといいと思います。

変えてみても変わらないようなら、パーマが弱かったりかかってなかったり
カットがあってなかったりするのでご相談ください。

まとめ

ホームケアって何となく使っているものも多いと思いますが
それが原因でパーマが上手くできない場合があるので是非チェックしてみて下さい。
ご自身で分かりにくい場合は美容師さんに聞いてみてもいいと思います。

最近は軽い質感のものが多く使われています。