「何もしていないのにホラー」っと
朝からほっしーに言われました。

ほんと失礼しちゃいます。

 

こんにちは。
レクリヘアーの西田です。

レクリヘアー

 

 

先日、見た目は大事ですよ。
っというブログを書いたんですが→見た目で印象が変わりますよってお話。

お前はどーなんだという声がチラホラ。

「髪切らないの?」や「短い方が良いよ」っとオブラートに包んで言ってくれる人から
「売人みたい」や「怖い」「はげるよ」「きもい」など、何も包まず言ってくれる人まで

様々な切り口で、早く切りなよ的な事をよく言われます。

身を持って見た目は大事だなぁと実感しております。

 

 

では、なぜそこまで頑なに切らないのか?

たいした理由はありませんが、説明したいと思います。

 3つの理由

西田が髪を伸ばしている理由は

  1. デジパーをかけるため
  2. 長い髪あるある
  3. 寄付する為

です。

 

デジタルパーマをかけるため

新しいお店にするにあたり
デジタルパーマを導入しようと考えていました。

しかし

デジタルパーマをかけた事が無かったので
一度体験しておかねばと、髪を伸ばし始めました。

 

体験しないと分からない事ってあると思うんですよね。

例えば
デジパの機械に繋がれている時

レクリヘアー予想以上に、熱い。けっこう熱い。そして重い。

とか

ロットを外した時の、グリングリンな髪を見た時も

009わかっていても、焦る。
顔は笑っていても、内心不安で笑えない。

など。

 

人から聞いた話や、施術者側の感覚も大切だと思いますが
体験するに越したことはないかと。

だいぶ話がずれちゃいましたが
伸ばすきっかけになったのが、この理由です。

 

長い髪あるあるを検証

長い髪ならではの悩み

  • 抜け毛が多い気がする
  • からまりやすい
  • 排水溝がすぐ詰まる
  • 乾くのが遅い
  • ケア方法
  • シャンプーの減り
  • 起きる時に髪が引っかかって首がグイってなる

など
実際どーなのかな?っと

これもデジパとほぼ同じ理由なので、以下省略。

 

 

 髪を寄付してみようかと

皆さん、髪って寄付できるのをご存知でしたか?

【 ヘアドネーション】っというらしいです。
病気やけがした18未満の子供に、無償でウィックを提供するみたいなモノです。

デジパもかけ、あるあるも一通り経験出来たので
切ちゃっても良かったんですが、せっかくここまで伸びたんで

何らかの形でお役にたてればなと、寄付する事に。

 

寄付に必要な長さが12インチ(30.48㎝)
計ったところ、現在30㎝。

残り0.48㎝。

あと1㎝伸びれば寄付は出来るのですが

その後、坊主かスキンヘッドかというね。
それはそれで、まずいかなと。職業的に。

なので
もうしばらく、長い髪が続くと思います。

ぜひ生温かい目で見ていただけたらなと思います。

 

興味がある方はこちら→ ヘアドネーション

 

最後に

「私もー。私も撮って下さい♪」 っとERI氏。
いつも撮られるのを嫌がっているのに、どーしたのでしょうか?

レクリヘアー

 

…変な子です。(めっちゃ笑ってる…)


The following two tabs change content below.
西田 重治

西田 重治

レクリヘアー代表の西田です。 10年間の下積み時代を経て2010年マンツーマンサロンRappaをオープン。数々の講習に参加し、各社ディプロマを取得。講師としても活動。 2015年、津田沼に移転し【価値ある時間】をコンセプトにRecRe hairをオープン。お客様の悩みを解決するため、ダメージレスな技術・商材にとことんこだわり、扱いやすいヘアスタイルを提供。得意な技術はカットと縮毛矯正。