こんにちは、ほしのです☆

日々ダメージを気にしてデジタルパーマをかけてます。
だいぶ髪に負担は少なくできてはいますがダメージがないわけではありません。
かける回数が多かったり、カラーをしていたりするとより傷んでしまいます。

いつもは、ダメージをいかに少なくパーマをかけたブログを書いたりしますが
今回は、矯正やデジタルパーマをかけすぎた髪のダメージの話・・・

 矯正やデジタルパーマによるダメージ

 

矯正やデジタルパーマは、薬液と熱処理で主に髪にダメージを与えます。
薬液が強すぎると髪は傷み、弱すぎるとかからない
熱も強いとパサつき、低いとかかりにくいなど
悉皆かけたいけどその分リスクがあります。

矯正やデジタルパーマを続けていく場合
どのくらいのペースでかけ直すか、普段のお手入れはそうしているかで
髪のダメージは変わってきます。

ダメージによってはこれ以上何もできないってことも

 

髪がダメージしすぎると髪の内部の栄養がなくなり
形状を維持できなくなります。

そうなると髪がクセのようにうねりが出たり
パサつきが出てきます。
それをクセだと思って矯正をしてもさらにダメージしてしまい
真っすぐどころか髪が切れてしまうこともあります。

デジタルパーマも同じで、あまりダメージしている髪に綺麗にカールをつけることが出来ません。
なので矯正やデジタルパーマをかける前にはしっかり髪の状態を把握して
更に今後の矯正やデジタルパーマのペースを考えたうえでやっていかないと
毛先が傷んできます。

まとめ

良かれと思って、矯正、パーマ、カラーを続けていると
何もできなくなってしまう場合もあります。
髪のダメージには気をつけましょう!

 

 


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。