こんにちは、ほしのです☆

この時期はどうしても首回りが厚くなるので
髪を下して時に扱いにくいと思います。

デジタルパーマで扱いやすくしませんか?

襟やマフラーがあると

 

襟やマフラーのせいで髪がどうしてもハネてしまうって方
いらっしゃると思います。

表面から髪を下すと厚ぼったく広がって見えたり
毛先がハネてしまう。
マフラーを髪の上からしても、ボリューム感がなくなり
更に毛先がハネてしまう。

どちらにしてもハネてしまうのでどっちがいいのかわからないですよね・・・

この時期は短く切ってしまって邪魔にならないようにするか
逆に伸ばしてまとめられるようにする方が多いですが
長い髪はまとめてればいいかもしれませんが
下した時にやっぱり気になってしまうと思います。

デジタルパーマで改善

全体的にハネてしまう、部分的にハネが気になるとことがあるなど
ハネが気になってしまう理由はいくつかあると思います。

下した時に厚ぼったく見えてしまうときは
表面の長さを短くしたら厚みは落ち着きます
しかし短くすると余計にまとまらじゃないんじゃないかと思います。
そこで毛先にデジタルパーマをかけると毛先に丸みがつきまとまりやすくなったり

部分的にハネてしまう髪も扱いやすくすることが出来ます。

スタイルによっては逆にハネてしまっていいスタイルを作ったりもします。

まとめ

デジタルパーマは様々な悩みを解決できるので
この時期髪をどうしたらいいのかわからない
普段の手入れを楽にしたい方にはオススメです。

 

 

 

 


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。