こんにちは、ほしのです☆

 

パーマはかけるとしばらく髪に動きがつきますがだんだんと落ちてきてしまいます。
デジタルパーマの場合は一度かけた部分は完全に取れてしまうということはないので従来のパーマよりも
持ちが良いと言われていますが、さらにもちを良くするためのポイント!

 

 

デジタルパーマは切るまでなくならない

 

デジタルパーマは一度かけるとかけた部分は完全にはなくならず
ある程度カールが残った状態が続くので、だんだん伸びてきた毛先を切ってしまわない限り
パーマがなくなってしまうことはありません!

 

最初にしっかり目にかけたデジタルパーマ
その後定期的にカットを繰り返しても八カ月後の状態は

 

毛先に少しだけカールが残っている状態です。

最初の状態と比べると、スタイルも変わってきていてカールもかなり弱い状態ですが
八か月間少しずつ切ってもここまで持ってくれました。

さすがデジタルパーマですよね!

従来のパーマにはとてもマネできることではありません!

デジタルパーマはウェーブが強いほど少しずつ切っても
最後のカールがなくなるまで切らない限りパーマは残ってくれるのでかなりのもちの良さです。

弱めにかけるとさすがにある程度までしか持ってくれませんが
もちの良さを気にするのであればしっかりウェーブのデジタルパーマが
長い期間パーマを楽しむこともでき、かけ直しの回数も減り自然に髪の負担も少なくなってきます。

 

まとめ

 

パ―あはしっかりかけると持ちがよく切っていく毎にカールの感じも変わるので
プチスタイルチェンジした気分で楽しむこともできます。