こんにちは、ほしのです☆

今回ご相談いただいたのは、いつも縮毛矯正をかけていたけど
矯正を辞めていきたいというご相談でした。

どうして矯正をやめたいのか?

話を伺ってみると

縮毛矯正を10年近くかけ続けているそうで
年間に1回のペースで今まではかけていたそうです。

クセが落ち着くから矯正をかけていたそうですが
ダメージや毛先のパサつきが気になってきて
だんだん落ち着かなくなっていきたそうです。

縮毛矯正は、特に根元のクセが一番気になると思うんですが
その根元も伸びて毛先に行きます。

なので髪の状態がずっとダメージしているのと
かけたては良いけど時間が経ってきた時の毛先の広がりが
気になってしまうから矯正をやめていきたいということでした。

しかし、ただ矯正をやめるだけだと根元のクセや広がりが気になってしまうので
そこでデジタルパーマをかけてみたいということでした!

縮毛矯正にはデジタルパーマ

まず、縮毛矯正をかけた髪にパーマをかけるとなると
基本、デジタルパーマがおすすめです!

縮毛矯正は、薬液と熱の力で髪をまっすぐにします。
デジタルパーマも同じように薬液と熱の力を使うので
矯正をかけた髪にも比較的かかりやすくなります。

矯正していた時と違いパーマで動きを出したいので少し段の入ったカットに
そうすることで毛先が動きやすくよりパーマ感が出ます。

矯正とデジタルパーマの違いは、矯正は根元からかけるのに対し
デジタルパーマは毛先中心なので、根元の髪の状態を悪くしません。
なのでのびてきたころにはいい状態の髪にまたパーマをかけられます。

さらに、根元からはクセが出てきますが、矯正の場合毛先が真っすぐなので
根元のクセがより気にになりやすくなりがちですが
デジタルパーマはカールなのでクセと馴染んでくれるので
伸びてきた時の根元のクセが気になりにくくなります。

大き目のウェーブパーマなので形も崩れにくく
ムーズなどのスタイリング合いを使うことで簡単にスタイリングもできます。

まとめ

まっすぐに飽きた、動きが欲しい、ダメージを減らしていきたい
そんな時はデジタルパーマが解決してくれるかもしれません!


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。