こんにちは、ほしのです☆

パーマは時間が経つと緩くなっていきカットをしてもなくなっていきます。
その為、パーマスタイルをいじるためには定期的にかけ直す必要があります。

今回は、前回パーマをしてから現在の状態とその後のパーマの仕上がりを見ていきたいと思います。

 

ご来店時の状態

前回パーマをかけてから3ヵ月近い状態
やや、トップからのボリューム感がなくなってはいますが
毛先はしっかり目のウェーブなのでまだパーマも残っています。

ご来店いただいた状態は何もつけていなかったので
スタイリング剤を使うとさらにパーマ感がしっかり出ると思います。

 

この様子ならコールドパーマでもパーマ自体はかなり持ちがよさそうです。
やっぱりしっかり目にかけるとかなりの期間パーマが持ってくれるようです。

今回は、長さを短くするのでさすがにもちのいいパーマでも
短くなるとなくなってしまうのでパーマをかけ直すことに

 

仕上がり

 

かけ直したことで、トップのペタッとした感じがなくなり
切ってなくなってしまった部分にもしっかりパーマがかかっています。

コールドパーマは短めの髪でもロッドの大きさが幅広くあるため
しっかり目にかけることが出来ます。

 

 

短くなった分スタイリングや乾かす時間も早くなるので
お手入れも簡単になります。

ウエーブスタイルなのでムースを揉みこんで仕上げるだけの簡単スタイリングです。

最初の状態でもしっかりかかってはいましたが
やはりかけ直してみると違いが分かり安ですね!

まとめ

 

パーマが残っていてもスタイルは少しづつ崩れてくるので
目安は3カ月くらいでかけ直すのがちょうどいいと思います。