こんにちは、ほしのです☆

濡れている時はパーマが出ているのに乾かすとパーマがなくなるそんな経験ありませんか?

自分の仕上げ方がいけないんじゃないか?パーマがもう少ししっかりかかっていればパーマが出るのか?
実はどっちでもなかったりするんですよ!

 

乾かすとパーマがなくなるのはどうして?

パーマは濡れている時が一番出やすく、かかっているかを判断するためにはまず濡らすと分かりやすいです。
パーマでよくある事なんですが、濡れている状態度としっかりパーマがかかっているのに乾かすと
パーマが上手く出せない、なくなってしまうなどの声をよく聞きます。

 

自分の仕上げ方がいけないんではないか?パーマの係が悪いのか?
ご自身で判断しにくい所だと思いますが、基本的に濡れている状態でパーマが出ていれば
パーマ自体はしっかりかかっていると思います。

では、なぜパーマがなくなってしまうのか?

パーマは毛先に動きが出るので毛先にずれがあるほど動きが多く
よりパーマがしっかり出るように仕上がります。

ご自身で確認してもらいたいことは、トップの毛先と、生え際の毛先の落ちる位置が
どのくらいずれているのかを確認してみて下さい。

もしずれが少ない場合はその分動きが出にくいので、いくらしっかりパーマがかかっていても
パーマが出の杭状態になってしまっています。

表面とのずれがしっかりあるのにパーマが得ない場合は、パーマが弱かったり
仕上げたいスタイルにパーマが合っていない場合もあると思います。

どちらにしても、パーマが出ないからかけ直すではなく、なんでパーマが出ないのか
しっかり分かれば簡単に解決することが出来ます。

今までデジタルパーマをかけてもかからずにかけ直しをしてきたお客様にご相談いただきましたが
段をつけて動きが出やすい状態にすることでしっかりパーマが出るようになりました。