こんにちは、ほしのです☆

 

クセ落ち着かせたいけどをパーマもかけたい
矯正だとまっすぐになって落ち着くけどボリュームがなくなってしまう
パーマだけだとクセと混じってまとまりにくい

ストレートとパーマを繰り返してダメージが出てしまった髪を
パーマだけでまとまりやすく仕上げていきます。

クセと落ち着かせてパーマをかけたい

 

 

クセを落ち着かせてパーマをかけるために
ストレートとパーマを繰り返し髪のダメージだんだんと出て来て
まとまりが悪くなって扱いにくいとご相談を受けました。

 

 

現状も根元中間にクセが出ていて毛先はダメージニよるパサつきが出ています。
ストレートとパーマを繰り返すと、まっすぐにしたり曲げたりと髪に無理な力をかけるので
あまり茶りすぎてしまうと髪が形をキープできなくなりまとまりにくくなります。

その為、どうにかダメージを抑えながら髪をまとめていけないかということで
デジタルパーマのかけ方を提案しました。

 

今までもストレートとパーマをしていてもちろんパーマはデジタルパーマ
なので、デジタルパーマをかけても改善できないんではないかと思いやすいですが
かけ方次第ではパーマだけでも十分に収まり扱いやすいパーマスタイルに仕上げることが出来ます。

 

根元からデジタルパーマでクセを伸ばし毛先はカール

 

デジタルパーマは縮毛矯正と同じような仕組みでパーマをかけるので
元々のクセは落ち着かせて新たにカールをつけます。

なので巻きこんだ部分のクセは落ち着くので気になる根元まで巻き込むことで
根元のクセが出にくくなります。

根元まで巻くとパーマが強くかかりすぎてしまいそうなイメージがありますが
ロッドの大きさを気を付けていればパーマの質感のコントロールもできます。

 

 

どうでしょう、最初の状態に比べてかなり根元が落ち着いた上に
毛先にはカールが出ています。

 

 

ストレートが無くてもパーマだけでここまで仕上がるので
今後ストレートを失くしていくことで髪の状態を良くしていくことが出来ます。

ストレートと違い根元のボリュームもなくならずに自然な柔らかさが出るので
仕上げがとても簡単になります。

クセ毛でダメージ毛、髪を綺麗にしていきたい方に
根元からのデジタルパ―マはおすすめです。

もちろんパーマの強さも強弱がつけられるので
カールからウェーブスタイルまでしっかり対応できます。