こんにちは、ほしのです☆

デジタルパーマは髪が傷むなどよく聞きますが
確かに薬液や熱処理をするので髪はダメージしてしまいます。

しかしその時にダメージをしてしまってもその後のダメージを減らす事や
現状の髪の見た目を良くすることが出来るので
そんなにダメージが気にならないようにもなります。

 

見た目が綺麗になる?

髪はまとまりが悪いと見た目も悪く
くせが原因だったり、毛先のばらつきなどが原因で見た目が悪くなってしまいます。

しかし、デジタルパーマはただパーマをかけるだけでなく
クセを抑える効果や、毛先のばらつきを整えることもできるので
仕上がりはパーマ前よりもキレイな状態にすることが出来ます。

こちらは左がパーマ前、右がデジタルパーマ後の状態

左はくせが出てきているのに対して右のパーマ後の状態は
カールの均一さやツヤ感も出ていて髪がキレイに仕上がっています。

このように、デジタルパーマには仕上がりの方が買いを綺麗に見せることが出来ます。

 

 

その後の痛みを減らす

パーマはかけた時にダメージが起こりますが、基本的にその後にダメージにはなりません
しかし、普段のお手入れでコテやアイロンを使っている場合
使うたびに髪の負担になってしまうので日々髪が傷んで行ってしまいます。

なので一度のダメージと日々のダメージを比べてみると
デジタルパーマ一回の方がかえってダメージも少なく仕上げることが出来ると思うので
髪の負担も少ないんではないかと思います。

 

ご相談ください

髪の状態によっては全ての方にできるという明けではありません
もともとダメージがかなりある場合は今回のような改善は難しいかもしれませんが
そうでない場合は今後の髪の状態の維持や手入れなどを手助けしてくれるので
デジタルパーマは非常におすすめです!