こんにちは、ほしのです☆

今回はセミロングのデジタルパーマ
このくらいの長さでパーマをかけたけどパーマが出にくいって方多いと思います。
その理由と一緒にスタイル作りまでしていきたいと思います

パーマがでない理由

今までも何度か書いてきましたが
パーマは毛先の重なりで動きが出ます。

毛先のずれ尾が多いほど動きが出て少ないほどまとまります。

例えば

ほぼ段の入っていないスタイル
この状態でパーマをかけるとします。
するとどうなるのか?

毛先には丸みがつきますが動きのあるスタイルにはなりません。
動きのあるスタイルにするためには毛先のずれが必要になるので段をいれます。
先ほどより毛先のずれができたことによって毛先の動きが出やすくなります。
なので動きのあるパーマをかけたい場合毛先にずれをつける必要があるんです。

少し段をつけるだけでこれだけ動きやすくなります。

コテ巻きで説明しましたが実際にパーマをかけてみましょう。

実際にパーマをかけてみる

段が入っているのでそこに合わせて薬液をつけていきます。
パーマは切った長さに合わせるというより、パーマが欲しい所でカットをして
そこに合わせて薬液をつけていきます。
なのでカットをする前にパーマの仕上がりのイメージができているんです。

逆に考えるとカットをしないでパーマをするということは狙ったパーマはかからないということになります。

 

仕上がり

基本的に濡れている状態でパーマが出ていればパーマのかかりには問題はありません。
乾かした時にどうパーマが出るのかがポイントですね。

乾いた状態でも濡れている時とカールの違いがあまりなく
水分がなくなったのでふんわり仕上がります。

段が入っていないスタイルだと濡れている状態でパーマが出ても
乾かした時にこうはならなないのでやはりパーマには切り方が大切ということですね!

まとめ

デジタルパーマをかけたけどパーマが出にくかったりかかっていない感じがしたら
カットの可能性があります。

これからの季節少し軽めに動きのあるスタイルでイメチェンしてみませんか?