こんにちは、ほしのです☆

 

 

パーマで検索するとよくでて来るのがゆるふわというワード
パーマと言っても種類がいくつかありそれぞれに特徴があります。

長さによってもパーマ選びが変わってきますが、比較的ゆるふわと呼ばれるスタイルは
デジタルパーマが適してるんではないかと思います。

 

 

ゆるふわスタイルに向ているパーマ

 

パーマの種類は主に、コールドパーマ、デジタルパーマ、エアウェーブなどがあります。
レクリヘアーではコールドパーマとデジタルパーマを扱っているのでこの2点で話をしていきます。

 

まず、ゆるふわとは、ゆるく巻いてふわっと仕上げることをゆるふわと表現するみたいなんですが(まぁわかりますよね・・・)
パーマがきつかったり、ふわっとしてなかったらゆるふわではないということですね!(あたりまえ)

 

ということでこの2種類のパーマでゆるふわを作るにあたって
どちらのパーマが適しているのか?

 

 

 

コールドパーマ

コールド―パーマはニュアンスパーマからしっかりウェーブまで
幅広くパーマの動きを出すことが出来ます。

コールドパーマは濡れている状態が一番パーマが強く
乾かすと緩くなりがちなのでパーマをしっかり出したい場合
乾かし方に気をつけたり、スタイリング剤でパーマを出す必要があります。

乾かすとゆるくなりやすいのでもともとゆるくかけると乾かした時に
パーマ感が弱かったりだらんとしてしまうことがあります。

ウェーブスタイルの場合はスタイリング剤などでしっかりパーマが出やすいですが
ウェーブが強いとゆるふわっといいう印象でなあまりない感じがします。

 

デジタルパーマ

デジタルパーマは大き目のカールや大き目のウェーブが得意なパーマです。

乾かしても崩れにくく緩めにかけてもしっかり形になるので
ゆるふわスタイルを再現しやすいパーマだと思います。

 

まとめ

ゆるふわパーマにしたい時はデジタルパーマの方が大体のスタイルに対応でき
ご自身でも扱いやすいパーマです。