こんにちは、ほしのです☆

 

パーマスタイルを仕上げる際に左右で仕上がりが違う・・・特に右側
左は綺麗に仕上がるのに右側のパーマが出ない、右の方がかかりが弱い?
そう言って経験ありませんか?

何で右側が上手くできないか?

 

なぜパーマスタイルを仕上げる際に右側が上手くできないかにはいくつか理由があります。

 

まず、1つは右側は自分で仕上げる際に仕上げにくということ

美容室で仕上げる際に我々は後ろから身を乾かすのでどちらも均一に乾かすことが出来るのですが
ご自身で乾かす時は、左側の方が手を動かしやすいのでパーマも仕上げやすかったりします。
その為仕上がりに違いが出てしまうことがあります。

もう1つは、生え方やつむじの向き

以外にご自身のつむじの向きって知らない方が多いのですが
大体の方が時計回りの方が多いみたいです。

なので毛流れは、左側の髪は顔の方に向かい、右側の髪のは顔の外に向かっています。
その為、左側は内巻きになりやすく右側はハネやすかったりします。

なのでパーマの出かたも同じようにかけたとしても
髪の向かっている方向がいが宇野で左右で違いが出てしまう事があります。

他にも理由があるとは思いますが主に多いのはこの2つだと思います。

 

改善方法

 

主な改善方法は、どちらの方でも同じ改善方法です。

右側のパーマを左よりもやや強くかける事で
改善されやすくなります。

仕上げが上手くいかなくて右側のパーマが上手く出ないなら
強めにかけて上手く乾かせなくても左側位に仕上がるパーマの強さにすることで
左右を同じように仕上げることが出来ます。

毛流れが違う場合も、右側を強くかけることでもともと髪が向かう方の力と
強めのパーマで逆らう力が左側のパーマの仕上がりと同じくらいになるように仕上げます。

 

 

まとめ

どちらが理由だとしても改善方法は、パーマが出しにくいパーマが出ない側を
少し強めにするということで改善することが出来ると思います。