こんにちは、ほしのです☆

自分でスタイリングをすると前は見えているので気にしますが
後ろは見えないのでそうなっているか・・・

コテやアイロン、スタイリング時などを使ってセットしても
見えない後ろって上手くできているか分かりにくいですよね。

デジタル―間をかけていると見えない後ろもばっちり仕上げてくれますよ!

 

気になるけど難しい

スタイリングの時に後ろってどうなっているのか?
自分でスタイリングする場合合わせ鏡などで見ないと確認できないですよね?

後ろの動き、ボリューム感、コテで巻いた時の巻き残しやアイロンで仕上げた際の
うねり、くせなどが綺麗に仕上がっているかなど確認しながらでも
後ろに手を回すとやりにくかったりしますよね。

場合によっては、後ろは見えないからいいやってなってしまうかもしれませんが
意外と後ろがしっかりしていないと後ろだけでなくサイドから見た時のスタイルも決まりにくいので
少し気にしてあげるとどこから見ても良く仕上がります。

 

デジタルパーマで簡単改善

長さがあるとないとでは仕上げの方法の変わってきますが
見えないのはどちらも同じ、前やサイドは見えるからコテなどで巻いて動きがつけやすいですが
後ろは難しく、前殿動きの差が大きいとまとまりが出にくくなってしまいます。

そこで、デジタルパーマの出番です。

 

デジタルパーマは乾かしても崩れにくいパーマなので
乾かすだけでも十分に動きが出ます。

そこにスタイリング剤で毛先の質感をつけてあげるだけなので
巻き残しで動きが無かったりすることも無く簡単にどこから見ても
まとまってに仕上げることが出来ます。

 

ご相談ください

特に朝の時間にスタイリングに時間をかけられない方から
自分でスタイリングが苦手な方におすすめです。

ライフスタイルに合ったパーマ、イメージチェンジなど
貴方に合ったパーマを提案させていただきます。

是非お気軽にご相談ください。