こんにちは、ほしのです☆

髪にクセがあるとまとまりが悪く扱いにくいですが
もともとクセがあるとパーマがいらないいんじゃないか?
ということをよく聞くんですが、意外とクセ毛にデジタルパーマが扱いやすくておすすめです。

 

クセとパーマの違い

クセとパーマの違いは髪が動いている事には違いはありませんが
狙って動きを出しているのか自然に出ているのかの違いがありましす。

もともとクセがあるとうねってるからパーマをかける必要がないと思いがちですが
おそらくそれはご自身のクセが扱いにくく、より大変になってしまうイメージではないですか?

パーマはクセと違い、狙った部分
欲しい所に欲しい動きをつけるのでクセとは別物になります。

 

こちらは、根元から中心に大き目のクセが出ていて毛先はハネています。

このハネを直すにもブローやコテアイロンを使わないといけないので
日頃のお手入れも大変だと思います。

濡れている状態でもクセがあるのが分かりますが
乾かした時の方が毛先のクセが強いので、髪が乾くとよりクセが出ると思います。

そんな髪質にはデジタルパ―マがオススメ

デジタルパーマはもともとのクセを抑えながら狙ったパーマをかけることが出来るので
クセではない動き、乾かしてもクセで広がらない仕上がりにすることが出来ます。

こちらはデジタルパーマをかけた後の状態

デジタルパーマは濡れている時と乾いている時の差が少ないパーマなので
基本濡れている時の動きが乾かした時に出ます。

乾かし方も特別な乾かし方は必要なくいつものお手入れで十分です。

さらに、これだけパーマがかかっていると、今後伸びてくる根元のクセと
パーマがなじんでくれるので、しばらくクセが気になりにくいヘアスタイルに仕上げることが出来ます。

 

ご相談ください

クセ毛に悩んでいたらぜひパーマでご相談ください。
すとれーとなどとはまた違った改善法で
扱いやすく動きのあるスタイルに仕上ます。

初めての方でもイメージつくりから仕上げ方までしっかり提案させていただきます。