こんにちは、ほしのです☆

美容室に行くのに時間が気になる方って多いと思います。

小さいお子様がいらっしゃると、あまり時間をとれない
いつ終わるのかわからないから、そのあとの予定を入れにくいなど
なかなか予約をしにくかったりすると思います。

デジタルパーマってどのくらい時間がかかるの?

数あるメニューの中でも、縮毛矯正やデジタルパーマは長く時間のかかるメニューです。
レクリヘアーでは、デジタルパーマ(カット込)の場合、3時間で予約をとっていますが
どうしてデジタルパーマはそんなに時間がかかるのか?

実際の流れを見てもらいたいと思います。

デジタルパーマの流れ

パーマをかける前にまずカットをします。
recrehair-scissorsカウンセリングから始まり、シャンプー・カットが終わるまで約45~60分。

デジタルパーマに移ります。

まず、1剤をつけます。

【RecRe hair】デジタルパーマ

塗布時間は5~10分、この後5~10分時間を置き一度、薬を流すのに5分くらい・・・

次にロッドを巻いていきます。
【RecRe hair】デジタルパーマロッドを巻くのに5~15分

次に熱処理を行う時間が10~15分

【RecRe hair】デジタルパーマ

ロッドを巻いてから外すまでに30~40分ほど時間がかかります。

次に2剤をつけ5分おいてから流します。

RECRE

流しからトリートメントで10〜15分

仕上げに30~40分ほど

RECRE

その他に、細かい移動時間などを含め、大体3時間かかります。

薬をつけたり流したりが多いので長い時間を必要とします

 

疑似体験してみる

デジタルパーマのロッドはコールドパーマのロッドと違い中に機械が入っているので
重くなってしまいます。

ロッドの大きさにもよりますが、だいたい大きいもので40g以上
小さくても20gくらいの重さがあります

IMG_6769

因みにコールドパーマのロッドは重くても15g前後と
デジタルパーマの一番軽いロッドよりも軽いということになります。

IMG_6773

更にデジタルパーマは、ロッドに電気を通すコードをつけます。
それが大体1本当たり、10gほどプラスになるのでさらに重たくなってしまいます。

大体デジタルパーマは20本前後巻くことがあります。
髪の長さやスタイルによって選ぶロッドの大きさは変わりますが
僕が良く使うロッド20本を計ってみると・・・・・・
IMG_6771

なんと、650g!

手に持ってもそこまで重いと感じる重さではありませんが
これを頭からぶら下げるとなると話は変わってきます。

そこにさらにコードの重さを加えると850gにもなってしまいます。

それは重いはずですよ、場合によっては1kgくらいにもなってしまいそうです。

僕は、髪の長さが足りないのでデジタルパーマを巻くことができません。
しかし、自分が体感しないとお客様の気持ちがわからないので
どうにか経験できないかと考えた結果

頭に重りをのせてみよう!

IMG_6776

ペットボトルに水を入れて1kgの重りを用意しました。

これを

IMG_6779

いやいや、のらないしパーマはそもそもロッドがぶら下がっている状態なんで
上にのせても意味がないですよね。

なのでどうにか頭からぶら下げようと思った結果

IMG_6781

なんか違う気がしますが、さっきよりはいいと思います。
きっとトータル的には同じような負荷がきっとかかっているはず・・・結構重いです。

この状態で20~30分くらい耐えていないといけないとなると
結構大変なことですね。

 

まとめ

  • カウンセリングからカット 45~60分
  • 1剤塗布~流し 15~30分
  • ワインディングから2剤塗布まで 35~40分
  • 仕上げ 30~40分
  • 移動時間など 少々

計約3時間

デジタルパーマは結構大変なことがわかりました。