こんにちは、ほしのです☆

パーマはかけた時が一番強く、徐々に緩くなっていきます。
髪も日がたつごとに伸びてくるのでだんだんお手入れがしにくくパーマが出しにくくなってきます。

おおよその目安は2~3ヵ月、スタイリングがしにくくなったらメンテナンスの時期ですよ!

 

2~3ヵ月でパーマが出にくくなるのはなぜ?

髪は、一日に0.3mmほど伸び一月でおおよそ1cmから1.5cm伸びます。
2、3ヵ月もするとかなり伸びてくるので、まず最初にパーマをかけた時と
ボリュームの位置などが変わってくるのでスタイルが崩れてきます。

さらに、髪が伸びると内側の量が増えてくるので乾かしにくかったり
毛先の軽さや動きに対してバランスが悪くなってきてしまうので
パーマが出にくくなってきます。

デジタルパーマの目安は年に2、3回(髪の状態によりますが)位が髪の負担も少なく楽しめますが
パーマスタイルを楽しむためには間にメンテナンスカットをしておくと
次回パーマの時まで扱いやすくスタイルを維持することが出来ます。

 

メンテナンスカットでパーマが復活

 

 

パーマ自体はしっかり出ていますが、毛先のパサつきや髪の量が増えて
広がりやすく、後まりが悪くなってきています。

この状態だと乾かすのに時間がかかってしまったり
髪を綺麗に見せるのも少し手間がかかってしまいます。

こうなってきた時にメンテナンスが必要になります。

 

毛先のパサつきを抑え、毛量の調節をすることで
扱いやすくなりまとまりが良くなります。

毛先のパーマもパサつきがなくなったことにより綺麗に出るようになり
またしばらくパーマスタイルを楽しむことが出来ます。

 

ご連絡ください

もしパーマをかけてだんだん扱いにくくなってきた
髪がパサつく、広がるなどあありましたらメンテナンスの時期かもしれませんね!

その時はお気軽のご相談いただければと思います。

メンテナンスで大丈夫かパーマがそろそろ必要なのかなど
しっかり提案させていただきます。

パーマでご予約の際は、ホットペッパーに
星野限定クーポンがありますのでそちらをご利用いただければと思います。
その際は星野指名の上ご予約いただければと思います。